かながわ地質情報MAPKanagawa_BoringData_Map



このサイトについて
 このサイトは、神奈川県内の公共事業で行われた地質調査成果を電子的に一元管理し、積極的に情報公開するためのもので、公益財団法人神奈川県都市整備技術センターが運営しています。
 
 「自分が住んでいる土地の地盤は、どうなっているのだろう?」、「マイホームを購入予定なんだけど、地盤の強度はどのくらいだろう?」など、気になったことはありませんか。そのような時はこのサイトで調べてみてください。このサイトは一般県民の方も、建設・不動産関係の方も、学生や研究機関の方も、”誰もが、いつでも、簡単に、”閲覧できるようにオープンしました。



このサイトの目的
 大規模な公共工事では必ず地質調査を行い、その結果をもって、安全な建物・橋・護岸・トンネルなどの構造設計を行います。そのこのように社会資本整備を目的とした調査結果は、目的の構造設計が完了してしまうと倉庫等に保管されてしまい、ほとんど再利用されることはありません。
 
 地質調査結果は、地盤の状況を、数値や・図を用いて可視化(見えるように)したものであり、例えていうなら気象観測データと同じような性質があります。その様な貴重なデータの散逸を防ぎ、再利用できる環境を整備・運営することが目的です。



このサイトで閲覧できる資料について
 地質調査成果で発生する代表的なものが、「ボーリング柱状図」と「土質試験結果」です。かながわ地質情報MAPでは、この2種類の資料について、インターネットを通じ、無償で閲覧することができます。
 
 閲覧できる資料は、自然環境の把握、学習や研究資料への活用、地質調査費用の削減、工事の施工計画、防災事業への活用など様々な場面で利用できます。
 このサイトで閲覧できる資料は、県内の公共機関から提供を受けたものです。各機関への直接のお問い合わせはご遠慮ください。また、資料に関する技術的な件に関してはお答えできません。(→資料提供機関はこちら)



CALS/EC普及支援団体としての役割
 公益財団法人神奈川県都市整備技術センターは、CALS/ECの普及促進に関する支援を行う団体です。CALS/ECとは、公共工事を取り巻く様々な段階で電子化等の手段を用い、県民・受注者・発注者がメリットを享受できるように国土交通省が制定した施策です。
 
 国土交通省が制定したCALS/ECアクションプログラム2005では、地質情報の共有化が具体的目標として掲げらています。詳しくはこちら(→JACICのサイト)神奈川県において、その目標を達成し、CALS/ECの普及促進に取り組んでいます。



 →TOPページへ

お問い合わせ先
公益財団法人 神奈川県都市整備技術センター
総務部事業推進課
TEL 0467-58-2934


技術センターロゴマーク